体験記Vo.22(慶應義塾大学4年Kさん)

こんにちは!知るカフェ慶應店に所属しているKです!


この度、4年生の夏休み、人生最後の夏休み2ヶ月を使って、知るカフェインドハイデラバード店で働いてきました!


わたしからは応募のきっかけとインド生活、得たものをお伝えします。



インド応募のきっかけ


インドに応募したのは就活中でした。

自分はどんな人間なのか、将来どんな人間になっていたいのか、どんな企業でどんなことをしたいのか、ゆずれないものはなにか


毎日そんなことを考えなければならず、思考は繰り返すばかり、

頭の中で留まるのではなく

興味本位で動いてみたい、考えるより前に動いてみたい

そんな思いで応募しました。


一種の逃避ですね(笑)


生活


インドに2ヶ月。これは確実にたくましくなります。


特に私は海外経験がほとんどなく、英語は聞き取れも話せもしませんでした。

その中での生活、接客、カフェ運営、すべてが困難でした。


当たり前のことが当たり前に進まない


この環境がだんだん楽しくなってきたときやっと

自分はこの地で生きてるんだな、たくましくなったなと実感しました。


得たもの


ありきたりですが、圧倒的に“何とかなる精神”を得ました。


前述の思い付きでインドに来ました。英語さっぱり、虫も苦手、コミュ力もない。

でも来ちゃったからしょうがない、時間が来たら働くしかない。


そうしたら、なんとかなっちゃうんです(笑)


インドでは、インド工科大学の就活事情調査と、店舗運営に関する改善を多数行いました。

毎日課題にぶちあたっては解決する日々。


ものすごく充実していました。


↓ 採用情報はこちら ↓

SHIP:知るカフェ海外インターシップ体験記

知るカフェの運営する海外インターシップ「SHIP」 参加者体験記を発信する公式ブログです。 他では得られない経験。世界という大海を渡るために必要な「舟」を、あなたに。 「世界へ、漕ぎ出せ。」