shirucafe

記事一覧(64)

体験記Vol.43(立命館大学前店3年Hさん)

こんにちは、インドール店・ボンベイ店の2店舗でSHIPに参加していたHです。 いきなりですが、皆さんは “インド” と聞くと何を思い浮かべますか? IT⼤国、発展途上国、カレー、ヒンドゥー教…etc ⾊々な答えがあると思います。そしてその全てが正解であり、不正解です。というのも、インドは私たちの住む⽇本と⽐較すると約9倍もあり、地域によって街の⾊も⼤きく変わるからです。 インドの様⼦は他のスタッフの体験記にもたくさん書かれているので、今回は、インドの閑静な村”シムロール(インドール)”とインド最⼤の都市”ムンバイ”の両⽅を経験した私の超個⼈的な体験記を記そうと思います。 ・インドール 僕の最初の派遣先はIITインドール店でした。                      ⽇本からほぼ丸1⽇、中国とデリーで2回⾶⾏機を乗り換え、さらにそこからタ クシーに1時間ほど揺られ、やっと辿り着いたインドールの印象は、正直想像 していたインドとは全く違っていました。だって、何もないんです。これぞ奥 地って感じ。笑 当然⼈も少なく、⾷事を取れる場所も限られていました。 (またこれがどれも⾟い!!)初⽇はもちろんインドカレーでしたが、⾟すぎ て完⾷できず。汗だくになって帰りました。笑 さらに現地の⼈たちは英語も 話せないので渡航初期は本当に苦労しました。そんなこんなで慣れない環境に ストレスが溜まっていたのか、最初の2,3週間はずっと体の調⼦が芳しくありま せんでした。しかし、慣れとはすごいもので1ヶ⽉もすると環境や⾷事にも慣 れ、ヒンディー語も少しずつですが聞き取れる、話せるようになるのが実感で き、⽣活がどんどん楽しくなっていきました。こうなると嬉しいのが学⽣との 距離が近いことです。IITインドールは周りに何もないこともあり、特に学⽣と の距離が近く、さらに家も学⽣と同じホステルに住んでいるため、帰宅後も学 ⽣と遊ぶことができます。僕は仕事が終わると⼀緒にスポーツをしたり、学⽣ の部屋にお邪魔したりして遊んでいました。(仲のいい学⽣もたくさんできました!)また、平⽇はほとんど学内の移動となるため、⾮常に安全で、教授や 学⽣の⾞をヒッチハイクして店舗に⾏くこともしばしばありました。笑 他に も学外でご馳⾛してもらったり、休⽇には市内を案内してもらったり、実家に 招待してもらったりもしました。本当に朝から晩までいつでも学⽣と触れ合え る環境が整っているのがインドールの特徴と⾔えます。(もちろん落ち着きた いときは快適な家でゆっくり休めますよ!笑)