shirucafe

記事一覧(86)

渡航体験記Vol.63(兵庫県立大学1年Kさん)

―体験記をご覧の皆様へ― 「舟」を意味する SHIP。それぞれの文字が、「SHIP」に参加するにあたり意識すべき行動規範を指しています。 SHIRU ~世界を、自分を、「知る」機会~ HARD ~ ビ ジ ネ ス の リ ア ル な 厳 し さ ~ INFLUENCE ~世界に「影響」を与える体験~ POTENCIAL ~切り拓く自らの「可能性」~ SHIP に参加する渡航者はこれらの行動規範に沿った目標とそれを達成するための具体的な目標を立てます。これらを頭に入れて頂いた上で読んでいただくと一層渡航者のリアルな体験が感じられることと思います。 ■学年: 2年生 ■渡航時期: 9月〜12月 ■渡航期間: 3ヵ月 ■目次 ● はじめに ● SHIRU ~自分という存在の目指した先~ ● HARD ~変えるべきもの~ ● INFLUENCE ~疑心暗鬼を生じ、信頼盟友を生ず~ ● POTENTIAL ~自分の特性~ ● SHIP で得られた能力 ● 自由記述 ● おわりに ■はじめに 【自己紹介】 知るカフェ初の地域密着型店舗・みなと銀行学園都市店初の SHIP 渡航者、Kです!自分が大学生活で何をしたいのか、大学に行く意味は果たしてあるのかと考え、休学した際にちょうど目の前に SHIP があったというのが実は一番の動機でした。笑 こんな軽いノリですがやりたいことはしっかりと持っていました。

渡航体験記Vol.60(神戸大学2年Tさん)

―体験記をご覧の皆様へ―「舟」を意味するSHIP。それぞれの文字が、「SHIP」に参加するにあたり意識すべき行動規範を指しています。SHIRU ~世界を、自分を、「知る」機会~ HARD ~ビジネスのリアルな厳しさ~INFLUENCE ~世界に「影響」を与える体験~ POTENCIAL ~切り拓く自らの「可能性」~SHIP に参加する渡航者はこれらの行動規範に沿った目標とそれを達成するための具体的な目標を立てます。これらを頭に入れて頂いた上で読んでいただくと一層渡航者のリアルな体験が感じられることと思います。■ 学年: 2年生■ 渡航時期: 9月~11月■ 渡航期間: 3ヵ月■ 目次 • はじめに• SHIRU ~自分を知る~• HARD ~あったらいいなを形に~• INFLUENCE ~人を動かすということ~• POTENTIAL ~言語の壁~• SHIP で得られた能力• 1番の宝物• おわりに■ はじめにこんにちは!ボンベイ店で3か月勤務していました、神戸大学2年生の T です。私が、SHIP に参加しようと思ったきっかけは、、、インド事業部マネージャーのM さんのスピーチでした。学校を休んでまでインドに3か月も行くという決意ができるスピーチって!?と思うかもしれませんが、実は詳しい内容をあまり覚えていません。(笑) ただひたすらに、この人のように人を引き付ける人になりたい、この人と仕事をしたいという、わくわくする直観が私の背中を押しました。

渡航体験記Vol.56(神戸大学大学院1年Yさん)

―体験記をご覧の皆様へ― 「舟」を意味するSHIP。それぞれの文字が、「SHIP」に参加するにあたり意識すべき行動規範を指しています。 SHIRU ~世界を、自分を、「知る」機会~ HARD ~ビジネスのリアルな厳しさ~ INFLUENCE ~世界に「影響」を与える体験~ POTENCIAL ~切り拓く自らの「可能性」~ SHIP に参加する渡航者はこれらの行動規範に沿った目標とそれを達成するための具体的な目標を立てます。これらを頭に入れて頂いた上で読んでいただくと一層渡航者のリアルな体験が感じられることと思います。 ■学年: 院 1 年生 ■渡航時期: Q3:9 月〜12 月 ■渡航期間: 2.5 ヵ月 ■ 目次 • はじめに • SHIRU ~Why? ~ • HARD ~巻き込まれ力~ • INFLUENCE ~言い訳はビジネスでは通用しません~ • POTENTIAL ~最初から最短距離しか選ばないのはナンセンス~ • SHIP で得られた能力 *ここまで真面目 • 自由記述 *ここからおもしろインド話 • おわりに ■ はじめに 神戸大学農学研究科 1 年のYです。 志望理由は、院進学にあたり、学部時代にできなかった「『外』の視点に触れる」経験を得たかったことです。 というのも、「日本はこれでいいのか」と思う節が多々あったのですが、本当にダメなのか、いいところは何か、どういう対策をとるべきか、を考えるのに「内」の視点からだけ考えても仕方がないと思ったからでした。

渡航体験記Vol.55(首都大学東京大学院2年Mさん)

―体験記をご覧の皆様へ―「舟」を意味するSHIP。それぞれの文字が、「SHIP」に参加するにあたり意識すべき行動規範を指しています。SHIRU ~世界を、自分を、「知る」機会~HARD ~ビジネスのリアルな厳しさ~INFLUENCE ~世界に「影響」を与える体験~POTENCIAL ~切り拓く自らの「可能性」~SHIPに参加する渡航者はこれらの行動規範に沿った目標とそれを達成するための具体的な目標を立てます。これらを頭に入れて頂いた上で読んでいただくと一層渡航者のリアルな体験が感じられることと思います。■学年: 修士2年生■渡航時期: Q3 9月下旬 〜 11月初旬■渡航期間: 1カ月と3週間■目次 はじめに SHIRU ~知ることは、受け入れること!~ HARD ~責任をもって「やらない」ということ~ INFLUENCE ~周りに影響を与える難しさ~ POTENTIAL ~言語の壁を叩き割る~ SHIPで得られた能力 自由記述 おわりに■はじめにはじめまして!首都大学東京大学院のMです。私は今回、知るカフェのスポンサー企業の内定者として、SHIPに参加しました。きっかけは、グローバル企業である内定先に就職する前に海外インターンシップに参加し、力試しをしたいと考えており、内定先企業の人事担当の方に紹介してもらったことです。私は、SHIPの話をもらったとき、なんの迷いもなく参加を決定しました。理由は「力試しをしたい!なにか一つのことにのめりこみたい!」と考えていた私にとって、インドで2か月というのがとてもしっくり来たからです。ただ、一つ迷いがあるとすれば、「グローバル企業でコンサルタントとして働くための力試し」に「日本人学生とカフェを運営すること」が適しているかどうか、というところでした。様々な体験記や、話を聞いて、SHIPは知るカフェの学生スタッフや、就活前の学生に対してはとても意義のあるものだけれど、自分にはどのようにハマるのか少し不安な部分がありました。今回はそこに着目して、“SHIPへの参加を考えている就職を控えた学生”に向けて体験記を書きました!長いですが最後までぜひ最後まで読んでみてください!